農政情報

ITを活用した農業

IT活用事例

農業分野で想定される一般的なアプリケーションソフトの活用例

◇ 表計算ソフト
・ 各種帳簿類の記帳
・ 作業機六等の記帳
・ 経営指標等の比較・分析
◇ ワープロ
・ 各種帳簿類の記帳
・ 作業機六等の記帳
・ 経営指標等の比較・分析
◇ ワープロ
・ 各種文書の作成
・ 各種記録の記帳
◇ データベース
・ 顧客の管理
・ 販売データの管理
◇ ブラウザ
・ ホームページ閲覧による情報収集
・ 各種webアプリケーションの利用
◇ メールソフト
・ 関係者同士のメール送受信
・ 情報収集(メールマガジン、メーリングリスト等)

いずれの場合でも、各ソフトの機能を理解し、農業のどの場面で利用できるかという発想が重要となります。特に表計算ソフトは利用範囲が広く汎用性が高いので、色々な場面での利用を想定できます。

ページの先頭へ

農業生産の高度化

~ IT活用による生産性の向上 ~

◇ ITを活用した生産条件等の数値化とこれに基づく判断基準の確立を図り、農業者の適切な経営判断を支援します。
≪ 農業者の経営判断を支援する具体的システム ≫

病害虫発生予察情報  
病害虫発生を誘引する各種要因に関する調査・観測データに基づいた発生予察情報提供し、病害虫被害の回避、低減を図ります。
群馬県農薬情報システム  
携帯電話等で農薬に対する最新の情報をリアルタイムで提供することにより、農薬の適正な使用を支援します。
露地野菜適作判定支援システム(中央農研)  
露地野菜を対象にして、産地の事例データから過去の気象推定値をもとに作型成立の可能性を推定します。
現在,キャベツ,ハクサイ,ダイコン,タマネギ,ホウレンソウ,レタス,ニンジン,バレイショをはじめとする20作目の主要品種について下記の判定ができます。
適品種判定 - 作物,品種群,作期,場所を指定して,指定された最大10品種までの作型成立確率を求めます。
適作期判定 - 作物,品種,場所を指定して,1年12ヶ月毎の作型成立確率を求めます。
適作地判定 - 作物,品種,作期,中心場所を指定して,その中心場所から東西南北11km四方における1km地点ごとの作型成立確率を求めます。
ページの先頭へ

農業生産の高度化

~ IT活用による経営の効率化 ~

◇ 農業経営のより一層の効率化、合理化を目指し、生産、経営の両部門の一元的な管理を可能にするIT活用を推進します。
≪ 経営管理に活用できる各種分析システム ≫

自己診断・経営予測システム(中央畜産会)
酪農経営に特化した経営診断・予測システムで、各種経営データに基づいた診断により経営状況の把握が可能となります。また、規模の増減や新技術導入等の予測も可能となります。
http://jlia.lin.gr.jp/cali/db/jikohome/  
酪農経営データベース(中央畜産会)
自己経営の牛群検定結果と各種経営データによる経営分析を行うと共に、全国平均等との比較により自己経営の弱点などの把握が可能となります。
http://jlia.lin.gr.jp/cali/dairy-db/  
線形計画法プログラム (中央農研)
WindowsのExcel上で動く、線形計画法(LP)のパソコン用プログラムです。Excelのシートに所定の様式で計画モデルを記述すれば、メニューバーに付加されるメニュー[XLP]からLP計算、パラメータ計算等を選択して実行することができます。
http://cse.naro.affrc.go.jp/ooisi/xlp.html  
農業経営計画支援システム AGRIX
 Windows上でExcelを使って、営農計画を簡易迅速に作成できるソフトウェアです。営農計画作成には、試算計画法、数理計画法(線形計画、目標計画、整数計画)を利用することができます。土地や労働力などの経営資源、農産物価格、資材価格等の外部条件に対応した地域の営農モデルの作成、個別農家の営農設計等に気軽に利用することができます。
http://cse.naro.affrc.go.jp/ooisi/agrix.html  
農業経営計画支援システム BFM (中央農研)
Windows上でExcelを使って、農業経営の数理計画モデルを簡易に作成できるプログラムです。経営条件に対応した営農モデルの作成、個別農家の経営設計等に利用することができます。
http://cse.naro.affrc.go.jp/ooisi/bfm.html  
営農技術体系評価・計画システム FAPS (ファップス)(中央農研)
降雨条件などの気象不順による作業リスクに対応した経営支援ソフト。作物・品種・作期・栽培様式ごとの技術的・経営的基礎データ,労働力・機械施設装備・地代・雇用労賃などの経営条件,所得目標や年間労働時間目標といった経営目標などを総合的に考慮して,経営ビジョン指向の経営意思決定支援にも適用することができます。
http://misa.ac.affrc.go.jp/faps/  
ページの先頭へ

新たな流通・販売システムの構築

~ IT活用による経営の効率化 ~

◇ 中央農業総合研究センターでは、生産現場における生産履歴の記録にかかる労力を軽減し、かつ複雑な流通履歴の管理を可能にし、さらに消費者が生産・流通履歴を即座に確認できる汎用性に富んだITを活用したトレーサビリティシステムの開発を行っています。
≪ 生産者・流通・消費者を結びつけるシステムの開発 ≫

携帯電話による生産履歴管理システム (中央農研)
近年急速に普及して身近な情報通信ツールとなった携帯電話を活用して、生産者が現場で作業の合間に簡単な操作で作業記録等の入力や閲覧が可能となります。
http://riss.narc.affrc.go.jp/diary/  
ICタグによる流通履歴管理システム (中央農研)
上記システムと組み合わせ、生産者とその圃場作付けごとに集計してデータベース上でICタグのID番号を出荷時に農産物のロットごとに関連付け、さらに集荷場から小売店に至る流通の各経路でICタグを読み取ることにより、農産物を購入する消費者は、店頭の表示端末に接続された読み取り機を使ってICタグを読み取ると、そのIDに対応した農産物の生産履歴と流通履歴のデータがデータベースからインターネットを通して送信され、即座にデータを確認することができます。
http://narc.naro.affrc.go.jp/chousei/shiryou/press/seica/seica.htm  
ページの先頭へ