ぐんまの食材お試し便「おっきりこみ祭」

  1. トップ>
  2. 群馬県おっきりこみプロジェクト公認「おっきりこみ祭」

ぐんまの食材お試し便 第5弾
群馬県おっきりこみプロジェクト公認「おっきりこみ祭」開催!


群馬県の名物料理「おっきりこみ」を都内を中心に展開する「群馬県産農畜産物販売協力店」でご提供します!
スタンダードなものから、その店オリジナルのものまで、メニューはいろいろ!
期間限定、数量限定の「おっきりこみ祭」。この機会にぜひご来店ください!

おっきりこみ祭 開催店舗はこちら!

おっきりこみ祭のぼり
 ◎ 小松庵 鉢形茶屋
  【 今助のおっきりこみ鍋セット 】  (1日限定5食)
  提供期間 : 12月19日(木)~12月23日(月)
 ◎ 割烹 峰屋
  【 下仁田ねぎと合鴨のおっきりこみ 】
  提供期間 : 12月24日~12月26日
 ◎ 美食工房 Seri
  【 和風カルボナーラ ブイヤベース風スープパスタ 】
  提供期間 : 12月18日~12月21日
 ◎ 六本木 時代屋
  【 今助の"おっきりこみ"あつあつ根菜煮込み 】
  提供期間 : 12月19日~
 ◎ 神田 玉とん
  【 おっきりこみ 】
  提供期間 : 12月17日~19日
 ◎ ナルカミ
  【 おっきりこみ(群馬食材沢山の) 】
  提供期間 : 12月20日~12月22日
 ◎ ひろか 二葉
  【 群馬県産小麦使用上州名物「今助のおっきりこみ」 】
  提供期間 : 12月17日~12月25日
 ◎ 豚肉創作料理やまと 南青山店
  【 やまと豚のおっきりこみ つくねのおっきりこみ 】
  提供期間 : 12月19日~12月26日

※実施期間及び提供メニューは予定です。期間中であっても予定数量が終了し次第、終了となりますので、あらかじめ店舗にご確認の上、ご来店ください。

「おっきりこみ祭」で提供する「おっきりこみ」では、
根岸物産(株)の「今助のおっきりこみ」を使用しています。

>> 根岸物産のホームページはこちらhttp://www.wind.ne.jp/ajino-udon/

おっきりこみたぁ、なんなん?

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」  「おっきりこみ」たぁ、幅広の生麺を、旬の野菜やきのこなんかと一緒に煮込んだ料理なんさ。
 塩入れずに打った生麺を煮込むんで、打ち粉が溶け出して、とろみがうんと出んだいね。具材は、ニンジン、長ネギ、ダイコン、シイタケ、ジャガイモ、サトイモとか入れらい。調味料は、しょうゆ味を使うことが多いだんべけど、しょうゆと味噌を合わせたり、味噌っきし使わねえところもあらいね。
  こんだ、東京だのの「販売協力店」でも食えるんだっつん。期間限定、数量限定だかんね。みんなで食いいってくんない。

歴史・風土

  12世紀に新田義重が、宮中の料理を上州に伝えたのが起源とされています。
  群馬県は、年間を通して晴れの日が多い気候と水はけのよい土壌に恵まれているため、古くから小麦栽培が盛んで、全国有数の産地となっており、小麦から作られる「粉もの食」が発展してきました。その代表格と言えるのが「おっきりこみ」です。

名前の由来

  のばした生地を麺棒に巻いたまま包丁で「切り込み」を入れるので、また麺を切っては入れ、切っては入れしたので、そこから「おっきりこみ」の名で親しまれるようになったと言われています。

  「おっきりこみ」は、夕飯に家族みんなで食うんだけど、夕べの残りを翌朝にあっため直し、飯にぶっかけて食うんが「うんめぇ」っつう人もいらい。
  そらあ「たてっかえし」「たてっけえし」つんだいね。