県産食材を活用したレシピ

料理写真

大和芋とほうれん草のカネーデルリ
~群馬の郷土食材で北イタリア郷土料理を再現~

大和芋にパン粉、サラミといったまずは意外な組み合わせの点です。しかしこの組み合わせが、まるで肉団子を食べているような不思議な食感を醸し出すんです。この味と食感がかなり特徴的な究極の大和芋料理です。今回はチーズソースを使いましたが、お澄ましやコンソメスープに入れてもおいしいんです。

作り方

  • 料理写真

    材料(4人分)
    大和芋 : 200g にんにく : 8g
    パン粉 : 150g しいたけ : 70g
    サラミ : 50g 牛乳 : 80ml
    ほうれん草 : 40g ミックスチーズ : 100g
    卵 : 1個 片栗粉 : 4g
    粉チーズ : 20g 白ワイン : 150ml
    強力粉 : 10g エクストラヴァージン
    オリーブオイル : 20ml (a.)+15ml (b.)
    塩 : 少々 黒こしょう : 少々
  • 【調理時間目安】  40分
    1.  大和芋の皮をむき、すりおろします。
    2.  サラミとほうれん草を細かくきざみ(1.)に入れ、混ぜます。
    3.  残りの材料(パン粉、強力粉、卵、オリーブオイル(a.)、塩)を(2.)に入れます。
    4.  (3.)を小さめの肉団子のように丸めておきます。
    5.  チーズソースを作ります。小さめの鍋ににんにくとオリーブオイル(b.)を入れ火にかけ、にんにくの色が変わり始めたらしいたけを入れ、炒まったら白ワインを入れ約半分に煮つめ牛乳を入れます。
    6.  (5.)が沸騰したら水で溶いた片栗粉を入れよく混ぜて、ミックスチーズを入れてよく混ぜます。
    7.  鍋に水を入れ火にかけて、沸騰したら(4.)を入れ約3分ゆでます。
    8.  (7.)を器に盛り、上に(6.)をかけ完成です。好みでパセリやこしょうをふりかけてもおいしいです。
    制作 : 料理研究家  仲田 輝男
ページの先頭へ