県産食材を活用したレシピ

料理写真

えばらハーブ豚未来のヘルシー串焼き
~ぐんま食材でヘルシーパーティー!~

脂質が少なくヘルシーでやわらかな「えばらハーブ豚未来」を、同じく群馬食材でヘルシー食品の代表である大和芋、こんにゃくとともに、シンプルな味付けを施して串焼きにしました。お好みで、きゅうりやほうれん草で作ったディップをつけてお召し上がりください。老若男女が楽しめる料理でホームパーティーにもピッタリ、群馬食材の魅力を思う存分楽しめます。

作り方

  • 料理写真

    材料(4人分)
    えばらハーブ豚未来
    (ロースとんかつ用) : 1枚(250g前後)
    またはヒレ(ブロック)250g
    <きゅうりディップ>
    きゅうり : 2本
    塩 : 少々
    たらこ(薄皮を取り除く。正味) : 30g
    にんにく : 1片(すりおろす)
    マヨネーズ : 大さじ2
    こんにゃく : 120~150g
    大和芋 : (直径4~5cm程度のもの)6cm
    ※漬け込む調味料等
    エクストラヴァージンオリーブオイル、塩、黒こしょう、醤油、薄口醤油、にんにく、ローズマリー
    <ほうれん草ディップ>
    ほうれん草 : 200g(ゆでて水気を絞る)
    味噌 : 小さじ4
    エクストラヴァージンオリーブオイル : 大さじ4
    粗挽き黒こしょう : 少々
    レモン、パセリ : 適宜
  • 【調理時間目安】  30分(食材を調味料に漬け込む時間は除く)
    1.  えばらハーブ豚未来は4等分に切って厚手のビニール袋に入れます。そこに重量の1%の塩、黒こしょう少々、エクストラヴァージンオリーブオイル大さじ1、皮ごとつぶしたにんにく1片、ローズマリー1本を入れてもみ込んで袋の口を閉じ、冷蔵庫で最低1時間ねかせます。また焼く30分前には冷蔵庫から出して常温に戻します((2)も同様です)。
    2.  こんにゃくはブロック状に切り、さらに両面に格子状に切り込みを入れます。ゆでてあく抜きをし、水気をきって粗熱を取ります。厚手のビニール袋に入れてしょうゆ小さじ1、エクストラヴァージンオリーブオイル大さじ1/2、皮ごとつぶしたにんにく1片を入れてもみ込んで袋の口を閉じます。大和芋は縦半分、さらに長さを半分に切って厚手のビニール袋に入れ、醤油小さじ1、エクストラヴァージンオリーブオイル大さじ1/2、ローズマリー1/2本を入れて、ともに最低30分寝かせます。
    3.  きゅうりディップを作ります。きゅうり1本は縦4等分にして小口切りにします。塩少々をふり、しんなりしたら水気を絞ります。もう1本はすりおろして茶こし(ざる)に入れ、自然に水気を切ります。それらとたらこ、にんにくのすりおろし、マヨネーズを混ぜ合わせておきます。
    4.  ほうれん草ディップを作ります。ゆでて水気を切ったほうれん草は葉の部分はすり鉢ですり(または包丁でよく叩く)、味噌も加えてよくすり混ぜます。そこに小口切りにしたほうれん草の軸の部分、エクストラヴァージンオリーブオイル、粗挽き黒こしょうを加えてさらによく混ぜます。
    5.  (1)、(2)の具材は水気を軽くペーパータオルで拭き取って、金串(竹串など)にそれぞれ1切れずつ刺します。オーブンの天板にのせ、250℃で予熱して200℃に下げたオーブンで、えばらハーブ豚未来に火が通るまで(10分前後)焼きます(魚焼きグリルやグリルパンを使っても可。写真はグリルパンを使って焼いたものです)。
    6.  焼いた串を器に盛り付け、あればパセリやくし形切りにしたレモンを添えます。小皿にきゅうりディップとほうれん草ディップを添えて出来上がりです。
    制作 : 料理研究家  菊入 なかよ
ページの先頭へ