県産食材を活用したレシピ

料理写真

フレンチサンドすきッチボックス(入賞)
レシピ考案 :舘野敦史さん (長野県御代田町)

作り方

材料(弁当4個分)
肉 : 400g(ロース、スライス)
牛乳 : 200ml(バニラエッセンスを風味付けで少々)
卵(中)、うずらの卵 : 各4個
白菜、レタス、春菊 : 各1/4個(白菜は2~3cmの短冊切りに)
しらたき、プチトマト : 各1パック(しらたきは結ぶ)
椎茸 : 8枚
しめじ、長ネギ : 1本
豆腐 : 半丁(焼き豆腐)
食パン : 2袋(8枚切)
モッツァレラチーズ : 100g
フルーツ : 1個ずつ(りんご、キウイ、レッドグローブなど)
その他、割り下(400cc位) : 少々(紅生姜、プチトマト、パセリ、砂糖(20g))
1.  肉、野菜各種、きのこ各種、うずらの卵を割り下で煮る
2.  フレンチトーストを焼く:牛乳、卵、砂糖、バニラエッセンスを合わせたもの
3.  フレンチトーストにすき焼き肉を挟んで、ホットサンドイッチメーカーで焼く
4.  ランチボックスにそれぞれ盛付ける(上段:フレンチサンドすきッチ、レタス、プチトマト、パセリなど)(下段:すき焼き具材各種、卵焼き、紅生姜、季節のフルーツなど)
ページの先頭へ

作り方

  サンドイッチを楽しめるのはもちろん、すき焼きそのものを楽しめるように2段仕立てにしました。季節のフルーツも盛り合わせて、子どもたちもわくわくするような盛りつけを心掛けました。
  すき焼きはご当地の食材で楽しめることはもちろん、食育や地域に根付く文化を支えるコンテンツのひとつとしての魅力を持ち、更に発展進化していける可能性を感じさせる潜在力のあるメニューとして、これからも楽しんでいきたいです。
ページの先頭へ