手作りを楽しむ-ぐんまの農産加工-

甘酒

  • 材料
    【固造り】
    ・ うるち 又は もち米 : 2カップ
    ・ 水 : 2カップ
    ・ 米こうじ : 1と1/2カップ
    ・ 塩 : 少々
    【柔らか造り】
    ・ うるち 又は もち米 : 1カップ
    ・ 水 : 4カップ
    ・ 米こうじ : 1と1/2カップ
    ・ 塩 : 少々
    (注) 固造り、柔らか造りは炊飯のときの水の量によって決まります。
    蒸し米の温度が70℃前後になったらしゃもじでかきまぜながら米こうじを少量ずつ入れます(こねすぎて粘りを出さないように注意します)
    図2
    保温時間は甘みの程度でかげんします。60℃で保温。固作りでは多少時間がかかワます。2~3時間おきにかるくかき混ぜるとよいです。
    図3
    おろしショウガをひとつまみ入れて飲むと、甘味が増しておいしいです。
  • 作り方
    1. 分量の米と水で飯を炊きます。
    2. 70℃に冷ましてから、こうじを混ぜ合わせます。
    3. 60℃にして、8~10時間保温しておきます。 炊飯ジャーなどを利用する場合は、ジャーのふたに木じゃくしをはさみ温度調節をします。その間に4~5回混ぜます。
    4. 8~10時間で甘酒ができるので塩を加えて、沸騰させない程度に10分くらい熱してから保存します。
    5. できあがった甘酒は、3倍くらいにうすめて飲みます。好みにより砂糖を加えます。
  • ポイント
    ・ こうじの糖化作用には、55~60℃の温度が適温で8~10時間で甘味が良い状態となります。
    ・ ジャーを使う時は温度が高くなり過ぎないようにふたを少し開けるなどの工夫をします。
    熱めのこたつで保温する方法も良いです。
    ・ 甘酒がすすみすぎると酸っぱくなるので、酸っぱくなったら重曹をひとつまみれて味を調整し、保存する場合は火を通しておきます。
ページの先頭へ