手作りを楽しむ-ぐんまの農産加工-

さんしょうは春の木の芽、夏の青実、秋の熟果とそれぞれ時季に合った利用があります。
さんしょうの葉は大きくなると固くなり、香りも少なくなるので3~4月の若芽を利用します。

さんしょうの利用

  • 【さんしょうの若芽のつくだ煮】
    材料 その1
    ・ さんしょう : 500g
    ・ しょうゆ : 170cc
    ・ みりん(または酒) : 85cc(しょうゆの1/2量)
    材料 その2
    ・ さんしょう : 500g
    ・ 砂糖 : 170g
    ・ しょうゆ : 170cc
    ・ みりん : 85cc(しょうゆの1/2量)
  • 作り方
    1. 採りたての若芽を水洗いして、熱湯でさっとゆでて水にとり、アクをぬきます。
    2. 鍋に調味料を入れひと煮立ちさせてから(1.)を入れて、弱火でゆっくり汁けがなくなるまで煮含めます。
  • 【さんしょうの実の保存】
    秋、実がはじけて皮が開いたものをよく乾燥してから、殻と種子をいっしょにミキサーなどで粉に挽きます。香辛料として利用します。
ページの先頭へ