本文へスキップ

群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」

ひめラボレシピrecipe

見ておいしい、食べておいしい"こんにゃくフェイクレシピ"

こんにゃくは、成分のほとんどが水分でカロリーが低く、食物繊維も豊富な食材として国内外で注目されています。
そんなこんにゃくの収穫量が年間59,700トン(平成29年産)で全国第1位、9割以上のシェアを持つ本県は、群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」の監修のもと、協力店舗とレシピを開発しました。

見ておいしい、食べておいしいをコンセプトにした"こんにゃくフェイクレシピ"を提案いたします。

 

「ひめラボ」監修 こんにゃくフェイクレシピ企画第3弾
〜うな重風こんにゃく蒲焼き〜

うな重風こんにゃく蒲焼き
4人前 105kcal(1人前)
白こんにゃく 1丁
片栗粉 適量
山椒の粉 適量
ご飯 一膳
タレ
焼き肉のタレ 大さじ2
大さじ2
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2 

@ 白こんにゃくを水で洗い、縦と横に切り、2等分し、片方の表面に細かい切れ目を入れる。

A 塩を振ってキッチンペーパーで包み、重石をして3時間〜半日くらい水切りをする。

B 水切りしたこんにゃくの両面に片栗粉を薄くまぶす。

C フライパンに多めの揚げ油を入れ、両面をこんがりと揚げ焼きにする。

D フライパンの余分な油をキッチンペーパーで取り、混ぜ合わせたタレの材料を入れて、こんにゃくをたまにひっくり返しながらタレを絡める。

E こんにゃくにタレが絡まり、煮詰まってきたら完成。器にご飯を盛り、その上にこんにゃくを乗せ、粉山椒をかける。


【ひめラボ・コメント】
甘辛いたれが食欲をそそる「うなぎの蒲焼き」。
土用丑の日には、季節の風物詩として食べたい一品です。ただ、うなぎは値段が張る上、カロリーが高めです。
今回は、もっと手軽にヘルシーに食べられるこんにゃくをうなぎに見立てた蒲焼きです。こんにゃくに切り込みを入れ片栗粉をまぶし、表面をしっかり焼くことで、うなぎの皮のようなカリッとした歯ごたえが生まれ、そこにたれを絡ませると、たれの香ばしい香りが立ちます。お重に入れれば「うな重」を食べている贅沢な雰囲気を味わえます。あつあつのご飯の上にのせるのはもちろん、お酒のおつまみとしても最適です。

 

「ひめラボ」監修 こんにゃくフェイクレシピ企画第2弾
〜こんにゃくで黒ごまクルミわらび餅〜

こんにゃくステーキ
4人前 105kcal(1人前)
白こんにゃく 1丁
砂糖 大さじ2
片栗粉 大さじ4
牛乳 適量
クルミ 20g
黒すりごま 大さじ1
きな粉
きな粉 適量
砂糖 適量
ひとつまみ

@ 白こんにゃくを適当な大きさに切り、小鍋に入れる。
牛乳をこんにゃくが浸るくらいに注ぎ、火にかけて沸騰させ、5分ゆでてざるにあけ、粗熱をとる。
※白こんにゃくを使用すると、こんにゃくの臭みを抑えられます。

A フードプロセッサー(ミキサー)にこんにゃくと砂糖、片栗粉を入れ、ペースト状になるまで撹拌する。
※牛乳を少々入れると撹拌しやすくなります。

B Aを小鍋に移して弱火にかける。様子を見ながら牛乳(大さじ8程度)を鍋に加え、シリコンベラでかき混ぜながら、もったりつやが出るまで3〜5分程度しっかり練る。
※目を離すと焦げてしまうので注意

C クルミをオーブンで軽く炙り、粗く刻む。
(フライパンで軽く炒ってもおいしくお召し上がりいただけます)

D Bの粗熱をとり、Cのクルミと黒ごまを加え軽く混ぜる。
※黒ごまを使用することで風味が豊かになります。

E 【きな粉】の材料をバッドに入れ、Dをスプーンなどで一口大の大きさに切り分け、前面にきなこをまぶし、器に盛り付ける。


【ひめラボ・コメント】
クリスマスや忘年会、お正月、新年会など楽しいイベントが盛りだくさんな年末年始。ついたくさん食べてしまうという方も多いのではないでしょうか。でもスイーツは食べたい!そんな時は低カロリーで食物繊維が豊富な「こんにゃく」を使ったデザートがおすすめです。
今回のレシピは、こんにゃくをペースト状にし、片栗粉と牛乳をまぜて練ることで「わらび餅」のようなぷるっと感を表現しています。
美容をサポートするビタミン、ミネラルが豊富なごまとクルミがたっぷり入り、ダイエットへの効果が期待される大豆サポニンを含むきな粉がまぶされています。低カロリーでヘルシーな上、美を意識する女性に嬉しいスイーツです。
またお子さんのおやつとしても最適です。ぜひわらび餅の食感をお楽しみ下さい。

 

「ひめラボ」監修 こんにゃくフェイクレシピ企画第1弾
こんにゃくステーキ〜ガーリックレモンバター醤油〜

こんにゃくステーキ
4人前 145kcal(1人前)
こんにゃく 300〜400g(1丁)
たまねぎ 1/4
パプリカ 1/2
レモン 1/6
クレソン 適量
にんにく 1片
サラダ油 適量
調味料A
醤油 大さじ1
赤ワイン 大さじ1
調味料B
醤油 大さじ2
赤ワイン 大さじ4
バター 10g
胡椒 適量

@ こんにゃくを洗い、塩を軽く振り、キッチンペーパーで包み重しをして、3時間から1日置く。

A にんにくとたまねぎ、パプリカをみじん切りにし、サラダ油で軽く炒める。そこに調味料Aを加えアルコールを飛ばし、お皿に移しておく。

B 水気を切ったこんにゃくを4等分し、 片面に賽の目状の切り込みを入れる。

C フライパンに多めのサラダ油をひき、輪切りにしたにんにくを弱火で色づくまで揚げ焼きにし、キッチンペーパーに取っておく。にんにくの香りが付いた油にBのこんにゃくを切れ目のある面を先に下にして、両面がこんがりとするまで揚げ焼きにする。

D Cのフライパンの余分な油を捨て、そこに調味料Bを入れて強火で1分ほど煮立たせ、こんにゃくの両面にソースを絡める。

E こんにゃくをお皿に移し、Aで炒めたたまねぎ、パプリカのみじん切りを上からかけ、胡椒を振る。クレソンと切ったレモンを添え、食べる直前に絞る。

写真

【ひめラボ・コメント】
「食欲の秋」多くの食材が旬を迎え、食欲が増すこの季節!
お肉の代わりに、低カロリーで食物繊維が豊富な「こんにゃく」を使ったレシピです。 こんにゃくをキッチンペーパーで包み重しをのせ1晩おくと、弾力が出て お肉のような歯ごたえが楽しめます。
そのこんにゃくに「じゅっ」と焦げ目をつけ、パプリカとタマネギを使用したソースをかけると、 見ため、味、食感がまるでステーキに生まれ変わります。低カロリーでヘルシーなうえ、食べごたえもあります。また見ためも華やかなのでインスタ映えもします。
パプリカは県内でも生産されていますので、是非県産パプリカを使って、見ておいしい、食べておいしい「こんにゃくステーキ」を味わって下さい。

 

 

 

お問い合せ

群馬県ぐんまブランド推進課
〒371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1

TEL 027-226-3129