• トップ
  •  > お~いしぐんまさんの作業日誌

お~いしぐんまさんの作業日誌

県内各地の主な農産物の生産現場等の動きをご案内します。

2015年4月の生産現場の動き

  • 促成キュウリ出荷最盛期  (4月)

    【伊勢崎市、玉村町】
      昨年の雪害により多くのハウスが倒壊し、今年の栽培面積は減少しましたが、現在はハウスの再建が進んでいます。県内有数の産地である佐波伊勢崎地域のキュウリは7月まで出荷が続きます。

  • ナシ開花期における受粉作業始まる  (4月中旬)

    【前橋市大島地区】
      大島ナシの受粉作業が4月中旬ごろ本格稼働します。当地区のナシ栽培は、江戸時代から続く歴史ある産地のナシで前橋市のブランド認証品に指定され、また群馬県のエコファーマー認定も受けています。今年は4月中旬ごろ、果実の結実安定と品質向上のため人工受粉作業を効率よく開始します。

  • 秋冬ネギ定植始まる  (4月中旬から5月中旬まで)

    【藤岡市】
      藤岡市では、年間を通じた長ネギの栽培があります。労力削減を図るため、は種~収穫までの機械化がすすんでいます。メインの秋冬ネギは4月中旬から定植が始まります。収穫は半年後の10月以降となります。

  • 特産コンニャクの植え付け始まる  (4月下旬~)

    【甘楽富岡地区】
      甘楽富岡地区の特産コンニャクの植え付け作業が始まります。今年の栽培面積は約500haが予定されています。県育成品種の「みやままさり」は、品質が良く機械省力化にも適応性があり、年々作付けが増えています。

  • JAあがつま水稲育苗センターが稼働します  (4月上旬~5月下旬)

    【中之条町】
      吾妻地域では、稲の播種が始まります。 7万箱の苗生産を一手に引き受けている水稲育苗センターは4月上旬から5月上旬まで約20回の種まきを行い、5月から始まる田植えに備えるため、この時期大忙しです。  昨年は、2月の大雪により、育苗用ハウスが被害を受けましたが、今年は例年どおり育苗ができそうです。

    >>  拡大写真

  • 鉢物アジサイの出荷が最盛期 (4月下旬~5月上旬)

    【中之条町】
      5月「母の日」のプレゼントに鉢植えのアジサイはいかがでしょう。「フェアリーアイ(妖精の瞳)」という品種は、花色がピンクから緑(夏)、赤(秋)へと変化するのを楽しむことができます。この時期、中之条はアジサイの出荷最盛期を迎えます。

  • バラの出荷始まる  (4月下旬から)

    【沼田市、昭和村】
       利根沼田地域では、昭和村を中心に9戸の農家がバラを生産しています。当地域は冬季の気温が非常に低いため、冬季は加温を中断しバラを休眠させたのち、3月上旬ころから加温を再開します。出荷は4月下旬ころから始まり、母の日に向けてピークを迎えます。この時期だけでも約20万本のバラが京浜市場へと出荷されます。

  • 雪ん子りんごの掘り出し  (4月下旬から)

    【沼田市】
      みずみずしくシャキシャキとした食感が好評の「雪んこりんご」の掘り出しが行われます。玉原スキーパークに埋雪されたりんごが3カ月振りに姿を現し、ゴールデンウィークの楽しみの一つとして販売されます。

  • 秋冬ネギ定植始まる  (4月~5月)

    【太田市】
      太田市は、県内有数のネギ産地です。秋冬ネギが中心に栽培されており、4月から5月にかけて定植され、10月中旬頃から収穫が始まります。

    >>  拡大写真

  • 半促成ナス出荷最盛期  (4月~7月)

    【桐生市新里町、みどり市笠懸町】
      昨年は大雪の被害を受け、半促成のハウスナス栽培面積も減りましたが、少しずつ再建も進み、以前の活気が戻りつつあります。害虫の増えるこれからの季節、各ハウスで天敵昆虫(スワルスキーカブリダニ)を導入し、より安全・安心なナスを食卓に届けられるよう努力しています。

    >>  拡大写真

※ 写真は参考掲載を含む