お~いしぐんまさんの作業日誌

県内各地の主な農産物の生産現場等の動きをご案内します。

2014年10月の生産現場の動き

  • 抑制キュウリの出荷盛ん(10月)

    【前橋市】
      キュウリはJA前橋市の野菜の中で、出荷額がトップの品目です。  昨年2月の大雪被害を受けた施設も復旧が進んでおり、8月上旬から定植された抑制作型は出荷の最盛期を迎え、連日高品質なキュウリが出荷されています。

  • ホウレンソウの作付け盛ん(10月~)

    【伊勢崎市】
      佐波伊勢崎地域は、県内でも有数のホウレンソウ産地です。10月下旬から翌春まで収穫が続く中で、食味にこだわった「ちぢみホウレンソウ」や「北風の恵みホウレンソウ」など期間限定商品もあります。

  • 今年度の切り花シンビジュームは出荷量最大の見込み!  (10月中旬~5月)

    【藤岡市、甘楽町】
      切り花シンビジュームの全国有数の産地である藤岡市は、昨年2月の大雪で大きな被害に遭いましたが、現在は再建した温室で栽培を行っています。
      温室が再建できなかった昨年度の出荷量は例年に比べて減少しましたが、今年度は出荷量が増加する見込みです。
      シンビジュームを待ち望んでいる大勢のお客様に、10月~来年5月まで色とりどりのシンビジュームを届けます。

  • 抑制スイカ収穫始まる  (10月下旬~11月下旬)

    【太田市】
      JA太田市薮塚地区を中心に小玉スイカの生産が盛んです。春から初夏どりの半促成栽培だけでなく、秋どりの抑制栽培も行われています。

  • 秋冬ブロッコリーの収穫始まる  (10月下旬~12月下旬)

    【富岡市・下仁田町・甘楽町】
      甘楽富岡ではブロッコリーの栽培を推進しています。今年は30名の生産者が8月上旬から9月上旬にかけて定植し、10月下旬から収穫が始まります。

  • コンニャクの収穫最盛期  (10月中旬~11月下旬)

    【利根沼田地域】
       利根沼田地域は栽培面積1,100haを誇るコンニャクの産地です。収穫は10月中旬から始まり11月まで続きます。利根沼田地域で生産されるコンニャクは県内の生産量の40%を占めます。

  • リンゴの収穫最盛期  (9月上旬~11下旬)

    【利根沼田地域】
      利根沼田地域はリンゴの産地。10月は県育成品種の「陽光」や「ぐんま名月」の収穫が最盛期となります。直売所には他県からもリンゴを求め多くの人が訪れます。

  • 秋冬ネギ収穫始まる  (10月中旬~4月中旬)

    【太田市】
      JA太田市とJAにったみどり(新田地区)は、県内有数のネギ産地です。管内では秋冬ネギが中心に栽培され、収穫は10月中旬から始まり4月中旬まで続きます。

  • シクラメンの出荷始まる  (10月下旬~12月)

    【桐生市、館林市、みどり市、板倉町、明和町】
      邑楽館林地区および桐生市、みどり市は、栄養診断技術に基づいた施肥管理による高品質シクラメンの産地です。小鉢のシクラメンは10月下旬から、大鉢は11月から出荷になります。

※ 写真は参考掲載を含む