今月の群馬の農業

県内各地の主な農産物の生産現場等の動きをご案内します。

今月のぐんまの農業

  • ナシの受粉作業始まる  (4月上旬)

    写真 【前橋市大島地区】

    ブランド「大島の梨」産地では、結実安定と高品質なナシ生産を目的に人工受粉を毎年行っています。ナシの花が満開の時に人工受粉の作業が行われます。

  • 促成キュウリ出荷盛期  (4月)

    写真 【伊勢崎市、玉村町】

    県内有数の産地である佐波伊勢崎地域のキュウリは、7月まで出荷が続きます。平成29年から稼働した「なす・きゅうり選果場」では、主に京浜市場等に出荷しています。

  • ハウスナスで天敵放飼始まる  (4月)

    写真 【伊勢崎市、玉村町】

    ハウスナス栽培では害虫の天敵である生物農薬「スワルスキーカブリダニ」を利用して、化学農薬のみに頼らない環境に配慮した栽培に取り組んでいます。暖かくなり、ハウス内では天敵の放飼が始まります。

  • 春ブロッコリーの出荷が始まります  (4月中旬~5月)

    写真 【高崎市】

    JAたかさきでは、冬季の農地の有効利用を目的に春どりブロッコリーの栽培を推進しており、4月中には秋冬ブロッコリーに続き春ブロッコリーの出荷が始まります。初期のトンネル被覆により高品質生産に取り組んでいます。

  • 極早生タマネギの出荷が始まります  (4月上旬~5月下旬)

    写真 【安中市】

    JA碓氷安中では、極早生タマネギの栽培に取り組んでいます。極早生タマネギは、4月上旬から収穫されます。極早生タマネギは辛みが少なく、みずみずしいことからサラダ感覚で食べることができます。

  • 露地ナス定植始まる  (4月中旬~5月中旬)

    写真 【藤岡市、高崎市吉井町】

    多野藤岡地域は県内有数の露地ナス産地であり、地域を代表する品目となっています。本年も4月中旬より定植を迎え、6~11月の間、主に京浜市場へ出荷されます。

  • 秋冬ネギ定植始まる  (4月中旬~5月)

    写真 【藤岡市、高崎市吉井町】

    多野藤岡地域では長ネギや上州ネギの栽培が行われており、大規模農家では機械化が進んでいます。4~5月には定植となり、半年後の10月より収穫を迎えます。

  • 特産コンニャクの植え付け始まる  (4月下旬~)

    写真 【甘楽富岡地区】

    甘楽富岡地区の特産コンニャクの植え付け作業が始まります。今年の栽培面積は約490haが予定されています。県育成品種の「みやままさり」は、品質が良く機械省力化にも適応性があり、年々作付けが増えています。

  • JAあがつま水稲育苗センターが稼働します  (4月上旬~5月下旬)

    写真 【中之条町】

    吾妻地域では、稲の播種が始まります。 約7万箱の苗生産を一手に引き受けている水稲育苗センターは4月上旬から5月上旬まで約30回の種まきを行い、5月から始まる田植えに備えるため、この時期大忙しです。

  • 鉢物アジサイの出荷が最盛期  (4月下旬~5月上旬)

    写真 【中之条町】

    5月「母の日」のプレゼントに鉢植えのアジサイはいかがでしょう。「フェアリーアイ(妖精の瞳)」という品種は、花色がピンクから緑(夏)、赤(秋)へと変化するのを楽しむことができます。この時期、中之条はアジサイの出荷最盛期を迎えます。

  • 水稲育苗センター  (4月上旬~6月上旬)

    写真 【沼田市・みなかみ町】

    利根沼田地域の安全安心なおいしい米生産に良質な苗は欠かせません。この育苗を一手に引き受け、農家へ届けるJA利根沼田水稲育苗センターが4月より稼働します。農家の高齢化等により育苗センターに対する期待が大きくなる中、今年は施設を一部更新し総数15万枚の苗が順次出荷されます。

  • 果樹の花が満開  (4月中旬~5月上旬)

    写真 【利根沼田地域管内】

    利根沼田地域では、リンゴ、オウトウ、モモ、ブルーベリーなど多くの果樹が栽培されており、毎年、可憐な花が地域を彩っています。普段見られない果樹の花を楽しむことができます。

  • 鉢物カーネーション出荷始まる  (4月下旬~5月上旬)

    写真 【沼田市・昭和村】

    利根沼田地域では、沼田市と昭和村の農家により5万鉢が作付けされています。最近では花色が豊富になり、代表的な赤、ピンク色のほか、黄色、緑、オレンジ色など、様々な花色があります。当地域から出荷されたカーネーションは首都圏の市場へ出荷されるほか、県内のスーパー、ホームセンター、地元の直売所などでも購入することができます。

  • バラの出荷始まる  (4月下旬~)

    写真 【沼田市・昭和村】

    利根沼田地域では、昭和村を中心に8戸の農家がバラを生産しています。当地域は冬季の気温が非常に低いため、冬季は加温を中断しバラを休眠させたのち、3月上~中旬ころから加温を再開します。出荷は4月下旬ころから始まり、母の日に向けてピークを迎えます。この時期だけでも約20万本のバラが京浜市場へと出荷されます。

  • 雪ん子りんごの掘り出し  (4月下旬)

    写真 【沼田市】

    みずみずしくシャキシャキとした食感が好評の「雪んこりんご」の掘り出しが行われます。玉原スキーパークに埋雪されたりんごが3カ月振りに姿を現し、ゴールデンウィークの楽しみの一つとして販売されます。

  • レタスの育苗が最盛  (~8月下旬)

    写真 【昭和村】

    JA利根沼田野菜苗育苗センターでは、利根沼田のレタス生産を支えるためレタス苗を生産しています。合計約5,000平方メートル、16棟のハウスを使い、品種や時期など生産者の要望にあわせ、まさに職人技で計画的に生産されており、8月下旬まで約15万本の苗を生産者に供給します。

  • 高糖度トマト「ブリックスナイン」出荷最盛期  (3月~5月)

    写真 【太田市(新田地域)、館林地域】

    「ブリックスナイン」は、県農業技術センターが開発した栽培技術で育てられた、糖度が9度以上になるトマトです。新田・館林地域で栽培され、全国有数の高糖度トマト産地となっています。新田地域では11名、館林地域では6名が栽培に取り組んでいます。特に3月~4月は糖度が10度以上になる一番美味しい時期です。

  • 秋冬ネギ定植始まる  (4月~5月)

    写真 【太田市】

    太田市は、県内有数のネギ産地です。秋冬ネギを中心に栽培されており、4月から5月にかけて定植され、10月中旬頃から収穫が始まります。

  • 鉢物アジサイの出荷始まる  (3月下旬~5月上旬)

    写真 【桐生市、みどり市、明和町】

    東毛地域は県内最大の鉢物アジサイの産地です。生産者の多くが所属する群馬県あじさい研究会では、人気のフェアリーシリーズを中心に、多様な品種を生産しています。3月中旬から出荷が始まりますが、主に母の日向けギフトとして出荷されます。

  • 施設ナスの出荷始まる  (4月上旬)

    写真 【桐生市、みどり市】

    桐生市、みどり市はナスの生産が盛んで約100戸28haで栽培されています。4月上旬から施設ナスの出荷が始まります。施設ナスの出荷のピークは7月下旬まで続き、一部11月まで続きます。

  • 早場米田植え始まる  (4月中旬~)

    写真 【板倉町】

    群馬県で最初の田植えが板倉町で行われます。管内における早期栽培の本格的な作付は4月下旬から始まり、5月上旬までに約400haが作付される見込みです。

  • 母の日ギフト向けのカーネーションの出荷始まる  (4月下旬~5月上旬)

    写真 【館林市、板倉町、明和町】

    邑楽館林地区は鉢物カーネーションの全国有数の産地で、母の日に向け約50万鉢が出荷されます。最近では花色が豊富になり、代表的な赤、ピンクのほか、黄、緑、オレンジなど、様々な花色があります。当地のカーネーションは品質が高く、母の日ギフト用商材として人気を博しています。

※ 写真は参考掲載を含む

ページの先頭へ