• トップ
  •  > 今月のぐんまの農業
  •  

今月の群馬の農業

県内各地の主な農産物の生産現場等の動きをご案内します。

今月のぐんまの農業

  • オステオスペルマム「カラーズハーモニー」出荷  (2月中旬~)

    写真【前橋市】

    「カラーズハーモニー」は、前橋の関口氏が育種したオステオスペルマム(南アフリカ原産・キク科)3品種を1鉢に寄せ植えし、色の調和を楽しんでもらうために名付けた商品名です。パープル系、レモン系、ヴィエント系の3パターンがあります。シンフォニー研究会会員3名が生産し、県内と首都圏の市場へ数量限定で出荷されます。

  • お節句用のハナモモ出荷  (2月上旬~)

    写真【前橋市(宮城地区他)、渋川市(北橘地区)】

    お節句用のハナモモが出荷されます。畑から枝を切り調製・結束後、専用の促成室に入れて花蕾を大きくしてから出荷します。ハナモモのピンク色はひな祭りに春の彩りを添えてくれます。

  • タラノメの出荷始まる  (2月下旬頃~)

    写真【渋川市、榛東村】

    山菜の中でも人気の高い「タラノメ」の出荷が始まります。本県では県育成品種「ぐんま春王NT」が主力品種となっています。この品種は芽がとても大きいのが特徴で、ボリューム感があり好評を得ています。

  • 半促成ナスの定植進む  (2月)

    写真【伊勢崎市、玉村町】

    ハウスの中に植え付けられたナスの出荷は2月から始まり、7月まで続きます。アザミウマ類等の害虫の天敵である生物農薬「スワルスキーカブリダニ」を導入した栽培にも取り組んでいます。

  • 結束ハクサイ出荷盛ん  (1~3月)

    写真【伊勢崎市、玉村町】

    今年も結束ハクサイの出荷時期になりました。年末に寒さで傷まないように頭部を結束し、おいしさを閉じ込めています。冬の寒さで甘みの増したハクサイを召し上がってください。

  • トウモロコシの種まき始まる  (2~4月)

    写真【伊勢崎市】

    6月~7月に収穫を迎えるトウモロコシの種まきが、2月中旬から始まります。佐波伊勢崎産のトウモロコシは、皮が薄くジューシーで甘いと高い評価を得ています。

  • トマトの出荷進む  (1~6月)

    写真【伊勢崎市、玉村町】

    JA佐波伊勢崎のトマトセンターでは、ブランドトマト「上州娘」の出荷が始まっています。これから順次増加し、春の最盛期を迎えます。今後は、市場で人気の小箱出荷やスタンドパック(袋出荷)の販売も始まります。

  • 促成キュウリの出荷始まる  (2月~)

    写真【伊勢崎市、玉村町】

    佐波伊勢崎の促成キュウリの栽培面積は、約14ヘクタールと県内でも有数の産地です。12~1月に定植されたキュウリはこの後、7月まで出荷が続きます。

  • 国府果菜苗組合で育苗作業が始まる  (1~5月)

    写真【高崎市(国府地区)】

    高崎市国府地区を中心とした生産者約15名で、野菜苗の出荷に向けて育苗が始まります。組合で生産した苗は、JA全農ぐんま花木流通センターや各JAの販売店などで販売されます。露地ナス苗については、JA碓氷安中、JA前橋市、JAあがつまなど県内各産地に納められ、ナス生産拡大にも大きく貢献しています。

  • 群馬県育成タラノメ品種「ぐんま春王NT」の出荷が最盛期を迎える  (2~3月)

    写真【藤岡市】

    「ぐんま春王NT」は群馬県農業技術センターが育成し、平成29年に品種登録されました。「ぐんま春王NT」の特性は穂木の生育が非常に良く、トゲが少ないため作業性にも優れ、良質で大きなサイズのタラノメが多数収穫できることです。なお、出荷の最盛期は2~3月になる見込みです。

  • 県内有数のタラノメ産地・出荷最盛期  (2月上旬)

    写真【富岡市、甘楽町】

    甘楽富岡のタラノメ栽培は県内有数の生産量を誇り、22人の生産者が約7ha栽培しています。保温したハウスで「ふかし栽培」が行われ、通常より早い時期(12月中旬~)に京浜市場に向けて出荷しています。

  • 冬ニラ出荷最盛期  (2月)

    写真【富岡市、甘楽町】

    冬ニラの産地である甘楽富岡地区では、約22haの作付けがあり、90戸程の農家が栽培に取り組んでいます。1月下旬から2月にかけて出荷最盛期となり、月に70t程のニラが出荷されます。ニラは軽量野菜で高齢者や女性でも取り組みやすい野菜ですが、出荷調整の手間がかかります。そこで、JA甘楽富岡ではニラのパッケージセンターを活用することにより、出荷労働力を軽減しています。

  • 高原野菜の苗作りが始まっています  (2月~)

    【嬬恋村、長野原町】

    高原野菜産地である長野原町では1月中旬、嬬恋村では2月中旬より、葉菜類のは種作業が始まります。長野原町や嬬恋村の一部では育苗用ハウスで作業が行われますが、嬬恋村の多くの生産者が安中市や渋川市など嬬恋村より標高が低く、暖かい地域で育苗作業を行います。植え付け作業は雪解けを待って、長野原町では3月中旬頃から、嬬恋村では4月上中旬頃から始まります。

  • 冬アジサイの出荷始まる  (1月下旬~3月上旬)

    写真【みどり市、明和町】

    冬アジサイはタイワントキワアジサイと西洋アジサイを交配して育成したガクアジサイで、従来の品種と比べて約2か月早く開花します。一足早い春の訪れを感じさせる鉢植えとして、全国の市場へ出荷されるほか、生産農家では直売も行っています。

  • キュウリ・トマトの出荷始まる  (2月上旬)

    写真【桐生市、みどり市】

    桐生市、みどり市はキュウリ・トマトの栽培が盛んです。促成作型の収穫、出荷が2月から本格的に始まります。収穫は6月下旬まで続きます。

  • 半促成ナスの定植始まる  (2月中旬)

    写真【桐生市、みどり市】

    桐生市、みどり市はナスの栽培が盛んです。無加温ハウスで半促成作型の定植が2月中旬から始まり、3月中旬まで続きます。収穫は3月下旬から始まります。

  • 秋冬ハクサイの出荷盛ん  (1月~3月)

    写真【JA邑楽館林管内】

    JA邑楽館林管内は秋冬ハクサイの栽培が盛んです。1月下旬には出荷が最盛期をむかえています。寒風の中で丁寧に1つ1つ外葉をとって、箱に詰められ、出荷されます。3月頃まで出荷が続きます。

ページの先頭へ