ぐんま食材セレクション100

吾妻地区7月の旬

  • なす

    【主な産地】
    中之条町、東吾妻町、高山村
    【農産物の特色】
    吾妻地区で栽培されているなすは「千両2号」が中心で皮がやわらかくて煮ても焼いてもおいしくいただけます。出荷は7月から霜の降りる10月中~下旬まで行われ、品質を維持するためにこまめな管理が行われています。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    なす

  • ズッキーニ

    【主な産地】
    東吾妻町、中之条町、長野原町、嬬恋村、高山村
    【農産物の特色】
    平成18年頃から栽培が本格化し、現在は100名を超える生産者が出荷を行っています。出荷は6月中旬から始まり、7~8月にかけて最盛期となり霜の降りる10月まで続きます。
    比較的新しい野菜で、どんな食材とも相性が良く、煮ても、焼いても、炒めても美味しく食べられます。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    ズッキーニ

  • レタス

    【主な産地】
    長野原町(北軽井沢地区、応桑地区)
    【農産物の特色】
    長野原町北軽井沢地区、応桑地区では、浅間山北麓の標高1,000mの冷涼な気候を活かし夏秋期を中心に栽培されています。結球レタスを始め、サニーレタス、グリーンリーフ、ロメインなど数多くの種類が栽培されています。栽培の特徴として、地域酪農家からの堆肥を利用した土づくりに心掛けています。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    レタス

ページの先頭へ