ぐんま食材セレクション100

中部地区1月の旬

  • ちんげんさい

    【主な産地】
    前橋市、渋川市、吉岡町、榛東村
    【農産物の特色】
    中部管内のちんげんさいは、ハウス栽培と露地栽培を組み合わせ、周年出荷されています。虫の食害を減らすため、0.7mm以下の細網目防虫ネットや粘着板を利用するなど、品質が良いものを生産しています。また、渋川市の「道の駅こもち」では「ちんげんさい麹漬」を開発販売し、好評を得ています。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    ちんげんさい

  • いちご

    【主な産地】
    前橋市、渋川市
    【農産物の特色】
    樽(渋川市赤城町)など渋川市内のいちご園では1月上旬~6月上旬に、いちご狩りが楽しめます。いちごが取りやすく、きれいな高設栽培も行われ、群馬県育成品種「やよいひめ」をはじめ、「章姫」、「紅ほっぺ」、「とちおとめ」などの品種を作っています。子持観光いちご園では、いちごのオーナーハウスが好評です。是非お出かけください。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    いちご

  • はくさい

    【主な産地】
    伊勢崎市
    【農産物の特色】
    はくさいは、12月に入り霜が1~2回降りた頃に、はくさいの頭部を結束し、畑にそのまま置いて、出荷時期まで貯蔵します。寒さにあたることでより甘くおいしいはくさいになります。色鮮やかで甘みの強い黄芯系品種が主流で、1月~3月上旬まで出荷されます。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    はくさい

ページの先頭へ