ぐんま食材セレクション100

中部地区6月の旬

  • オウトウ(さくらんぼ)

    【主な産地】
    渋川市
    【農産物の特色】
    オウトウは収穫期に雨にあたると裂果してしまうため、雨よけハウスで栽培されています。主な品種は佐藤錦、高砂、ナポレオン、紅秀峰等で、品質も良く6月上旬から収穫となります。
    観光果樹園や直売所等で販売されており、初夏を飾る果実として人気があり好評を得ています。

  • えだまめ

    【主な産地】
    伊勢崎市、前橋市
    【農産物の特色】
    伊勢崎市や前橋市を中心に遊休農地の活用や他作物との輪作体系を確立しながら、栽培しています。今月から8月にかけての暑い時期に収穫されるため、鮮度保持には注意しています。
    えだまめはタンパク質、ビタミン、カルシウムを多く含んでおり、さらには植物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラスです。おつまみとして夏バテ防止にも効果的です。
    なお、えだまめという名前は、ダイズの未成熟のものを利用する場合の呼び名です。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    えだまめ

ページの先頭へ