ぐんま食材セレクション100

東部地区9月の旬

  • キク

    【主な産地】
    太田市
    【農産物の特色】
    お盆やお彼岸に欠かせない花、キク。東部管内では、太田市が産地となっています。温室を利用した栽培が盛んで、年間を通じて出荷されています。
    キクは気品のある一輪ギク、素朴なコギク、可憐な花色をもつスプレーギクと種類が豊富になりましたが、東部管内では主に一輪ギクが多く作られています。一輪ギクは茎の頂点に一輪ずつ花を咲かせて出荷しますが、花芽は最初から一つだけなのではなく、次から次へと出てくる腋芽をひとつひとつ手作業で摘み取りながら育てます。暑い季節の「芽欠き」は大変な作業です。白、赤、黄色の美しい大輪の花は、生産者の惜しみない努力の結晶なのです。

  • きゅうり

    【主な産地】
    桐生市、太田市、邑楽・館林地区
    【農産物の特色】
    桐生市、太田市、邑楽・館林地域の施設きゅうりは、全国でも最大級の規模を誇ります。抑制作型では概ね9月上旬~11月中旬にかけて収穫され、まさに今が旬です。近年は、果実が濃緑色で光沢のある新品種を導入するなど高品質化を図り、市場からも高い評価を受けています。
    【関連リンク】
    『ぐんま食材セレクション100』
    きゅうり

ページの先頭へ