ぐんま食材セレクション100

東部地区12月の旬

  • シクラメン

    【主な産地】
    明和町、館林市、板倉町、みどり市、桐生市
    【農産物の特色】
    冬の代表的な花であり、お歳暮など贈答にも用いられています。シクラメンの栽培期間は約1年間と長く、丹精込めて生産されています。品種には、花びらの色が白から赤に変化する「ピアス」、花びらが羽子板の羽のような形をした「プルマージュ」等があります。  近年では、一般のシクラメンより小型で耐寒性のあるガーデンシクラメンが寄せ植えの材料として苗物で流通し、室内だけでなく戸外でも楽しめるようになりました。
    冬の鉢花の女王シクラメンを、ご自宅に飾ってみてはいかがでしょうか。
    【関連リンク】
    『ぐんまの花き』
    シクラメン

  • ちぢみほうれんそう

    【主な産地】
    桐生市黒保根町、新里町、みどり市笠懸町 、太田市、邑楽・館林地区
    【出荷時期】
    12月上旬~2月末
    【農産物の特色】
    見た目は一瞬中国野菜を思わせる形ですが、この姿・形こそがおいしさの秘訣。
    このほうれんそうは気温5℃以下にさらされると、寒さをしのぐために葉をくしゃくしゃにさせ、さらに体内に糖分をためこみます。その結果、非常に甘いほうれんそうとなります。桐生市・みどり市では、出荷前に糖度をきちんと計測し、12月は糖度8度以上、1月以降は10度以上のものだけを厳選して出荷しています。そのため、寒い時期限定の商品となります。 ちなみに、「ちぢみほうれんそう」は品種名ではなく、商品名です。

ページの先頭へ