ぐんまアグリネット > ぐんま食材セレクション100 > contents 伝統野菜 > 国分にんじん(国分鮮紅大長人参)

伝統野菜

自家採種により、地域の風土にあった野菜として育成されてきたもので、それぞれ地域限定、時期限定の特長ある食材です。群馬県内にも数多くの伝統野菜がありますが、今回は、推薦のあった伝統野菜を取り扱いました。下仁田ねぎのように、認知度が高く、一般に流通するものもありますが、その多くは、生産量が少なく手に入れにくいため、他の選定品目とは分けて紹介します。

入山きゅうり高山きゅうり幅広いんげん下植木ねぎ
宮内菜 /国分にんじん(国分鮮紅大長人参)

国分にんじん
(国分鮮紅大長人参)

高崎市国府地区

おすすめPOINT

大正の中期に、西洋系の長にんじんをもとに品種改良されたもので、根長は60〜80cmになります。色が鮮やかで、甘みや香りが強く、料理すると、さらに旨味が増します。昭和30年代頃がピークでしたが、現在は、数人の生産者で、伝統野菜の拡大に向けて栽培を行っています。

出荷時期
12月〜2月 10 11 12

食材のお問い合わせ先はこちら