ぐんまアグリネット > ぐんま食材セレクション100 > contents きのこ > 原木しいたけ

原木しいたけ

おすすめPOINT

しいたけ栽培には、コナラやクヌギなどの原木に種菌を植え付ける原木栽培と、おがくずに米ぬかなどの栄養体を混ぜ固めた培地に種菌を植え付ける菌床栽培があります。原木による栽培は、ゆっくりと時間をかけて原木を自然の力によって分解させ、しいたけを発生させるため、収穫までに1〜2年と手間や労力がかかりますが、肉厚で味が濃く、しいたけ本来の味と香りを楽しめます。そのため、群馬では原木による生しいたけ栽培にこだわっている生産者が多く、全国第1位の生産量を誇ります。

主な生産地
富岡市・高崎市・前橋市
渋川市・みどり市
生産数量等
(原木生しいたけ)
●生産量全国順位第1位
●全国10,735t
●群馬県1,358t
[平成23年 特用林産基礎資料]

消費者の声

菌床で栽培されたしいたけよりも、原木の方が香りが良いと思います。農産物直売所に行くと必ずといっていいほど、しいたけは購入しています。

食材のお問い合わせ先はこちら