下植木ねぎ

下植木ねぎ

伝統野菜
自家採種により、地域の風土にあった野菜として育成されてきたもので、それぞれ地域限定、時期限定の特長ある食材です。群馬県内にも数多くの伝統野菜がありますが、今回は、推薦のあった伝統野菜を取り扱いました。下仁田ねぎのように、認知度が高く、一般に流通するものもありますが、その多くは、生産量が少なく手に入れにくいため、他の選定品目とは分けて紹介します。

出荷時期
12月~1月

おすすめPOINT
江戸時代風土記に「もっとも美味なるもの」と記され、200年以上にわたり大切に栽培・保存されてきました。かつて、伊勢崎銘仙を扱う織物業者によって、京都・大阪の問屋筋へのお歳暮として使われ、以来市場に出ることはまれで宅配を中心に出荷されてきた伊勢崎伝統野菜の下植木ねぎです。