県の取組

県の取組

【G-アナライズ&PRチーム リポート】

G-アナライズ&PRチームとは

 群馬県産農畜産物について、多くの消費者が注目する「健康」などに関わる成分について分析し、その成果を消費者に伝え、消費者の反応を農業生産現場、技術指導に反映させていく取り組みです。
 群馬県知事自らがチームリーダーとなり、県農政部を中心に農畜産物の試験研究、販売促進、生産振興などに関わる職員により構成されるプロジェクトチームです。

群馬県産農畜産物の分析リポートを見る

群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」

「ひめラボ」とは

 群馬県では、県産農畜産物の販売戦略、イメージアップ戦略の検討や情報発信といった取り組みに、女性ならではの発想を活かしていくため、生産から流通、消費といった各分野で県農業に積極的に携わる多彩な顔ぶれの女性に参画いただき、群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」を結成しました。

「ひめラボ」の活動を見る

ぐんま・すき焼きアクション

「ぐんま・すき焼きアクション」とは

 群馬県は、豊かな農林畜産資源を持つ、首都圏の台所です。
 上州和牛、下仁田ねぎ、しいたけ、しゅんぎく、白菜、大豆(豆腐)、生産量全国一位のこんにゃく(白滝)まで、すき焼きの具材が県内で全て揃う、「すき焼き自給率100%」の県です。
 群馬県では、日本を代表する「すき焼き」の魅力を全国へ、世界へ発信するPR事業「ぐんま・すき焼きアクション」を立ち上げました。
 ぐんまちゃんが「好き好き!すき焼き大使」に任命され、すき焼き大好きの輪を広げています。

「ぐんま・すき焼きアクション」について詳しく見る