入山きゅうり

入山きゅうり

伝統野菜
自家採種により、地域の風土にあった野菜として育成されてきたもので、それぞれ地域限定、時期限定の特長ある食材です。群馬県内にも数多くの伝統野菜がありますが、今回は、推薦のあった伝統野菜を取り扱いました。下仁田ねぎのように、認知度が高く、一般に流通するものもありますが、その多くは、生産量が少なく手に入れにくいため、他の選定品目とは分けて紹介します。

出荷時期
7月~10月

おすすめPOINT
吾妻郡中之条町入山地区を中心に、主に自家消費のために栽培されてきた伝統野菜です。入山きゅうりは、長さが17~18cmと短くて太く、黒いイボがあり、皮は薄い黄色味をしています。あまり格好は良くないのですが、果汁が多くて柔らかく、香りが良くてみずみずしいのが特長で、生でも漬物でも美味しいきゅうりです。