高山きゅうり

高山きゅうり

伝統野菜
自家採種により、地域の風土にあった野菜として育成されてきたもので、それぞれ地域限定、時期限定の特長ある食材です。群馬県内にも数多くの伝統野菜がありますが、今回は、推薦のあった伝統野菜を取り扱いました。下仁田ねぎのように、認知度が高く、一般に流通するものもありますが、その多くは、生産量が少なく手に入れにくいため、他の選定品目とは分けて紹介します。

 

出荷時期
7月中旬~10月

おすすめPOINT
吾妻郡高山村で、何世代にもわたって、農家で受け継がれてきた地元のきゅうりです。1本の重さが約300~500g、長さも25~30cmはある巨大なきゅうりで、一般に流通するきゅうりの3~4倍となります。見かけは、きゅうりというより、瓜に近い感じで、皮の色は薄い黄緑色、白いかすれたような模様が入り、ずんぐりとした容姿です。果皮や果肉は柔らかいのですが、歯ごたえがあります。数件の農家で栽培され、漬物や酢の物にすると一層おいしく食べられます。