オクラ

オクラ

栽培ポイント

  1. 暑さに強く、吸肥性にも富む高温性作物です。肥よくで排水がよく、日当たりの良い畑が適しています。
  2. 10℃以下の低温では生育が劣るため適期まきを実施します。
  3. 連作を嫌うので、前年度作付けした畑には作らないようにします。
  4. さや果の毛じはかゆみや皮膚のかぶれをおこす場合があるので、収穫管理作業は手袋やカッパなど服装に工夫します。

品種・は種

  • 品種
    スターライト、ガリバー
  • は種期
    5月中旬~下旬
  • 芽出し
    種子は皮がかたく水分を吸収する力が弱いので、一昼夜水に浸してからは種します。
  • は種
    オクラの根は直根性で細根が少なく、移植性に欠けるため、直まきします。1穴に4~5粒は種し覆土します。乾燥している場合は、かん水しましょう。

は種準備

  • 土づく
    定植20日前に土壌改良資材を施用し、土と良く混ぜておきます。
  • 施肥
    生育期間が長いので、緩効性肥料を主体に施肥し草勢の維持を図りまます。
  • マルチ
    降雨後等土壌に水分がある時にマルチを行い、発芽の斉一と生育促進を図ります。
    穴あきの黒マルチを使用しましょう。

栽植様式

  • 栽植密度
    マルチ栽培とし、条間45cm、株間30cmの2条植えとします。通路は1m以上あった方が、収穫作業がしやすくなります。

栽植後の管理

  • 間引き
    本葉4~5枚のころに、茎葉の奇形、生育の遅れ、病害虫におかされたものを間引き、1穴当たりの株立て数は3本とします。
  • 追肥
    収穫が始まったら、草勢を見ながら追肥します。1回の追肥量は10a当たり窒素成分で3kgを目安に、通路に施用します。
  • 摘葉
    葉が茂りすぎると光線の透過が劣り、着果が悪くなるので、収穫したさや果より下の葉はかき取ります。ただし、草勢が落ちている場合は、収穫したさや果より下に葉を2~3枚残して摘葉します。
  • かん水
    極端に乾燥する場合は、通路にかん水します。
  • 側枝(わき芽)の発生
    主枝の下部から側枝が発生してくるが、ふつうは放任します。
  • 台風対策
    倒伏を防止し、もし倒伏した場合は、速やかに根元から起こします。

主な病害虫と防除対策

  • アブラムシ類
    本葉3枚くらいの頃からつきやすくなります。葉裏に薬剤が十分かかるよう、薬剤散布します。
  • カメムシ類
    さや果が吸汁されると、その部分から曲がってしまい、品質が著しく低下します。捕殺するとともに、薬剤を散布します。

生理障害

  • 落花(果)
    日照不足や低温等が影響し梅雨期等、天候が不順な時に発生します。
  • いぼ果
    過繁茂、草勢低下、低温、少日照、乾燥の条件で発生します。
  • 曲がり果
    さやの中の子実の発育不良、ホルモンのアンバランス、カメムシの吸汁により発生します。

収穫

開花後4~5日で、長さ7~10cmものをはさみで収穫します。最盛期になると、朝晩2回収穫できます。