1)水稲
1. 養分吸収
 稲体を構成する無機成分には、窒素・リン酸・カリのほか、ケイ酸・石灰・苦土・硫黄があり、その他に鉄・マンガン等がわずかに含まれている。
 水稲は、発芽して幼根が伸び出すとただちに養分吸収を始め、葉齢2.5〜3.0葉期で胚乳中の窒素はほとんど消化され、その後は根からの吸収量が増す。生育が進むにつれて各成分の吸収量は増加し、窒素・リン酸・カリは、分げつや根の形成・伸長が盛んな生育中期に最大の吸収を示す。
 ケイ酸とマンガンは、稲体が最大になる出穂の前頃に最も多く吸収され、窒素・リン酸・カリ・苦土など多くの無機成分は、大部分が出穂以前に吸収される。これは、出穂後に根の機能が低下するためと、土壌中の養分が吸いつくされるためである。
 吸収した養分は、形態形成の素材に、また一部は生理的代謝に使われ、窒素やリン酸などは体内で再転流して繰返し利用される。これに対して石灰・ケイ酸・鉄などは体内であまり移動せず、生育に伴って必要量を生育後期まで根から吸収し続ける。
2. 養分の生理作用と施肥
窒素
 窒素は、水稲の養分として最も重要で、生育や収量に大きな影響を与える。葉緑素の主成分であり、葉面積を大きくするとともに、光合成能力を増大させて、炭水化物の生成を多くする。しかし、過剰に施用すると過繁茂となり、受光態勢を劣化させるとともに、病害虫や風水害等に対しても弱くなり、かえって乾物生産を低下させるので注意する。
 近年、米の食味が重要視されるようになり、玄米中のタンパク質含量の低減が求められている。窒素の施用はタンパク質含量に影響を及ぼすため、最近では実肥の施用は回避されている。
リン酸
 細胞核の成分に多く含まれ、細胞の分裂増殖に重要な役割をもち、生育の盛んな分げつ期に多く必要とされる。
 デンプンやセルロースの合成にもなくてはならないものである。リン酸が不足すると、草丈が短かく、葉が細く、茎数が少なくなり、出穂成熟期が遅れ、吸収作用や光合成を低下させる。
カリ
 タンパク質の合成に必要で、窒素が多いほど必要量も多くなる。水稲の一生のうちで窒素含量が最も高い最高分げつ期と幼穂形成初期に、カリ欠乏がおきやすい。
 カリが欠乏すると、下葉に含まれるカリが上葉に転送されるので、下葉に赤褐色の斑点が発生したり、根の活力が衰えるため、中間追肥や穂肥等にカリを含んだ肥料を施用する。
石灰
 ペクチンと結合して、細胞壁の中葉を構成する重要な役割をもつほか、細胞分裂、増殖を正常に行うためにも必要とされる。
 石灰は生育の初期から後期まで吸収され、いったん体内にはいると再移動しにくく、古い器官ほど含有量が多い。
ケイ酸
 根から吸われたケイ酸は、葉に転流されて表皮細胞に蓄積され、茎葉中に10〜20%含まれている。葉の表面はケイ質化して硬くなり、いもち病菌やごま葉枯病菌の侵入を防ぐ役目をし、倒伏にも強くなる。
 ケイ酸は、作土やかんがい水から多く供給されるが、生育が盛んな場合、稲体の吸収量も多くなるので補給が必要となる。 玄米を100kg生産するのに必要なケイ酸は約20kgといわれており、10a当たり500kgの収量を上げるには、10a当たり100kgのケイ酸が必要になる。本県では二毛作地域も多いことから、ケイ酸質肥料の施用は特に重要である。
苦土
 葉緑素の構成成分である。欠乏すると、葉が黄化し、タンパク合成とケイ酸の吸収が少なくなって、ごま葉枯病やいもち病にかかりやすくなる。
 苦土の吸収は、カリによって抑制される。