6次産業化事例集

6次産業化事例集

1次産業×2次産業×3次産業 =6次産業化

6次産業化とは、農林漁業者が生産(第1次産業)だけでなく、加工(第2次産業)、流通・販売(第3次産業)にも主体的・総合的に関わり、経営の多角化を進める取組のことで、農畜産物に新たな付加価値を与え、農業者の所得向上や地域雇用の創出を図る取組として期待されています。
「平成30年度群馬県6次産業化事例集」では、県内で6次産業化に取り組んでいる事業者をとりまとめ、商品だけでなく、個々の事業者にスポットを当て、開発から販売に至るまでの「チャレンジ精神」や地場産品や製造方法への「こだわり」などを紹介しています。
事例集を通じて、本県で6次産業化に取り組む事業者の方々が作り出す魅力的な商品の数々と、商品に込めた「思い」について知っていただくとともに、これから6次産業化に取り組もうと考えている農業者の方々には、ぜひチャレンジの参考にしていただきたいと考えています。

●掲載内容はPDFファイルです。
PDFはこちらからダウンロードできます。