料理研究家考案の新作レシピ

(株)アビーハウスが実施する「料理王国」プロ料理研究家養成コース受講生が、カリキュラムの一つとして考案したレシピです。
群馬県食材 (豚肉、キャベツ、きゅうり、ほうれんそう、やまといも、しいたけ、こんにゃく)のうち3品目以上を使用しています。

  • ほうれん草のムース 椎茸、大和芋のコンソメジュレ仕立て  (料理研究家:保科 尚美)

    料理写真【群馬県食材のアピールポイント】
    ほうれん草の旨味と色、しいたけの香り高さ、大和芋の粘りといったそれぞれの魅力を、ムースやジュレ仕立てにして引き出しました。白、緑、茶色の3層で群馬県の緑豊かな山間の風景も表現してみました。

  • 具だくさんキッシュケーキ  (料理研究家:魚住咲巴)

    料理写真【群馬県食材のアピールポイント】
    しゃっきしゃきのキャベツ、ほっくほくの大和芋、彩りきれいなほうれん草。子どもたちの大好きな卵と一緒になって、野菜をたっぷり食べられます。野菜の旨味、あま味が凝縮したキッシュ。

  • ティラミス風ほうれんそうのケーキ  (料理研究家:河内 杏子)

    料理写真【群馬県食材のアピールポイント】
    群馬県の特産品のこんにゃくのダイエット効果を狙って、チョコレートにしました。
    黒糖、りんごジュースなどで煮て、ホワイトチョコや生チョコでアレンジできます。
    グミのような食感も楽しめます。

  • 群馬の野菜グラタン   (料理研究家:栗原 佑布子)

    料理写真【群馬県食材のアピールポイント】
    食材として、肉厚でとジューシーな生しいたけ、甘みがあり柔らかなほうれん草、粘り気が強く滑らかで濃厚な味わいの大和芋を使用しましたが、新鮮で滋味豊かな群馬の野菜は乳製品との相性もよく、お料理の味わいをより一層引き立てています。

1~3月

ページの先頭へ

4~6月

ページの先頭へ

7~9月

ページの先頭へ

10~12月

ページの先頭へ