旬感ぐんま

旬感ぐんま  2013-14年11月~1月

(ダウンロード用PDFファイル)  表A3サイズ(PDF1,439KB)

今食べたい!旬の食材ネギ

  • 群馬が誇るネギ産地の秘密
      群馬県は、長ネギの生産が盛んで、なんと全国第5位の出荷量を誇っています。その中でも県内有数の産地が県東部に位置する太田市。ネギ栽培に適した気候や土壌に恵まれた当地では、実に年間約60ヘクタールの畑で1,200トンのネギが出荷されています。
      太田市のネギ生産を強力に支えているのが、作業の機械化。特に掘り取りから出荷までは機械により効率的に進められます。中核となるのは、JA太田市が平成20年に建設したネギ共同選別調製施設。畑で掘り取られたままの状態で続々と運び込まれるネギが、機械による皮むき、葉切りなどを経て、見る間に出荷用に整えられていきます。出荷量は一日当たり実に800ケース! 「この施設のおかげで、大量に、かつ安定した品質のネギを出荷することができるんです」ネギ農家で、ネギ施設部会長を務める茂木武治さんはそう語ります。「この施設がなくなったら、これだけの量を出荷することはできない。多くの生産者がこの施設を頼っているんです」
      ネギ生産を支えているのは、機械だけではありません。掘り取りや出荷作業には多くの「シルバーさん」と呼ばれる、地元のパートの方々の協力が欠かせません。太田市では、地域を挙げてネギ生産に力を入れているのです。
    太くて甘い太田のネギ
      「上州名物のからっ風に当たることによって、太くて甘いネギになるんですよ。寒くなるこれからの季節はますます肉質がしまってきます。加熱すると歯ざわりが柔らかく甘いネギを味わうことができるんです」と茂木さん。なんでも「鍋や煮物は太いネギに限る」のだとか。太くて甘い太田のネギは、これからの季節にぴったりの食材と言えます。
      「メインになる食材ではないけれど、ネギはさまざまな料理に欠かせない存在。名脇役を演じる食材として、多くの方々においしいネギを味わってもらいたいです」
      ネギを栽培するうえで最も苦労するのは、黒腐菌核病というネギ特有の病気対策です。この病気が発生すると、7~8年はその畑に作付けができなくなってしまうので、防除には非常に気を遣います。また、ネギは日陰や畑の過湿を嫌うので台風や集中豪雨にも苦労させられますね。
      太田はネギ栽培に適した土地柄や気候に恵まれており、昔から生産が盛んでした。地元の畜産農家から出るこだわりの堆肥を使ってますから土の状態もいい。高い品質と、機械化による大量出荷のおかげで、太田のネギは市場からも高い評価を得ています。今後は、関西方面へも販路を広げるなどPRに努め、より多くの消費者の方においしいネギを味わってもらいたいですね。
    JA太田市ネギ施設部会長 茂木武治さん
ページの先頭へ

  • 群馬県産農畜産物販売協力店 小売店 都内に続々!
      首都圏の野菜畑とも言える群馬県。最寄りのスーパーや八百屋さんでも、「群馬県産」を目にする機会はたくさんあるはず。銀座にある群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」や、JA全農ぐんまが浅草に出店している「グッドぐんまの旬の市」でも群馬県産の農産物を取りそろえ消費者の皆さんにお届けしています。でも、もっと身近に新鮮な群馬の野菜を扱う店がたくさんあったら……。
      「もっと群馬の野菜を買いたい!食べたい!仕入れたい!」そんな皆さんの声にお応えして、このたび、都内近郊で群馬県産野菜を取り扱う農産物直売所12店舗が、群馬県農畜産物販売協力店(小売店)に指定されました。
    都内東部を中心に12店舗
      今回、販売協力店に加わったのは、地産マルシェ中野店、笹塚店、小滝橋店、関越自動車道三芳PA(上り線)の「食の駅」、横浜市青葉区のファームドゥあざみ野ガーデンズ店など12店舗。いずれも群馬県内で大型直売所を数多く手がけるファームドゥ(株)が経営する直売所です。
    毎日、群馬から直送、直売
      都内店舗を統括する同社部長の須藤浩さんにお話を伺ったところ、群馬県内の配送センターから、毎日、配送しているのだとか。「日に2便、群馬から運んでいます。新鮮なまま、収穫後24時間以内には売り場に並びます」値札やPOPには生産者の名前が書かれていて、中には「指名買い」をするお客様も。お求めやすい直売所価格ももちろん魅力ですが、GAP認定や有機栽培野菜など特徴ある品揃えも支持を集めているそうです。
      「お客様には、近隣の飲食店関係者の姿も多く見られます。仕入れの相談を受けることもたびたび。その日、お店にないものでも、ご要望があればできるかぎりお応えします。ぜひお声がけください」(須藤さん)
    群馬の「旬」を買うなら、こんな店
    ■ ぐんまちゃん家  03-3546-8511
    中央区銀座5-13(東京メトロ日比谷線東銀座駅すぐ)
    ■ グッドぐんまの旬の市  03-3844-0830
    台東区浅草1-34-4(東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線浅草駅より徒歩2分)
    その他にも、LIVIN(光が丘、田無、OZ大泉、錦糸町など)、西友(荻窪、西荻窪、成増、練馬、福生など)、コープとうきょう(国分寺店、狭間店、北野台店、高倉店など)、とうきゅう(中野店、高島平店、あきる野店など)など都内スーパー野菜売り場にJA甘楽富岡のインショップが展開しています。
      こちらもぜひご利用ください
ページの先頭へ

編集後記

  •   いつも「旬感ぐんま」をご覧いただきありがとうございます。
      今回は寒い冬にぴったりの食材、ネギの産地太田市にお邪魔しました。掘り取りから出荷まで、機械で流れるように作業が進められる様子は圧巻の一言。そして、生き生きと働くシルバーさんの笑顔も印象的でした。
      ネギは煮ても、焼いても、揚げても、薬味でもおいしい、まさに万能の食材。しかも体を温め、免疫力を高める効果もあるのだそうです。寒い冬は、群馬のネギを様々な料理で味わってみませんか?
ページの先頭へ