たけのこの保存

たけのこの保存

【処理方法】
先端から5cmの部分を斜めにと、根元の固い部分を切り落とします。
次に、包丁で皮に縦に切り目を入れ、(身を傷つけないように注意)そこに親指を入れて皮をくるりとむきます。

【塩漬】
【材料】
・ たけのこ(皮をむいたもの) : 5kg
・ 塩 : 2kg
・ 重石 : 10kg
・ 差し水(水 1リットル、食塩 40g) : 適量

【作り方】
1. 処理したたけのこを米のとぎ汁か米ぬかを入れてゆでます。
2. 流水で1時間程度さらします。
3. 漬け込む時は、たる底にふり塩をし、たけのこはすき間なく塩と交互に入れ、塩は上にいくほど多くします。
4. たけのこのように、水の上がりの悪いものは差し水をします。
5. 水が押しぶたの上に上がったら、重石を軽くし、水がひたひたになるようにします。
6. たけのこの塩漬けを食べる時は1~2日間塩出しをしてから調理します。

【うの花漬】
【材料】
・ たけのこ  : 5kg
・ おから  : 5kg
・ 塩  : 5kg

【作り方】
1. おからは1日陰干しします。これにおからと同量の塩を混ぜておきます。
2. (1.)のおから床に処理したたけのこ(米のとぎ汁でゆでておいたもの)を漬けます。おからとたけのこを交互に漬けます。
3. 使う時はよくゆでて冷めるまでそのままにしておき、その後水を2~3回取り替えます。