ウナギの茶碗蒸し/上毛新聞社『元気+らいふ』掲載レシピ

ウナギの茶碗蒸し/上毛新聞社『元気+らいふ』掲載レシピ

ウナギの茶碗蒸し

 市販のウナギのかば焼きを使った茶碗蒸しです。ウナギにはたんぱく質、カルシウム、ビタミンDが豊富に含まれます。
 ビタミンDはカルシウムの吸収を促す働きに加え、血液中のカルシウムを骨まで運ぶ働きもあります。
(群馬大学医学部付属病院 栄養管理部副部長 斎賀桐子さん)

 

【材料(一人分)】

  • ウナギのかば焼き(細かく刻む)・・・20g
  • 同(タレを軽く洗い落す)・・・30g
  • 生シイタケ(うす切り)・・・8g(1/4枚)
  • ギンナン(炒って殻と皮をむく)・・・5g(2個)
  • 菜の花(ゆでる)・・・15g
  • 卵・・・25g(1/2個)
  • だし汁・・・180cc
  • 塩・・・0.5g

 

【作り方】

  1. かつお節を煮出して天然だしを取る。だし、溶いた卵、塩を合わせて茶こしなどでこしておく。
  2. 器に細かく刻んだかば焼き、シイタケとギンナンを入れ、(1)を注いでふたをする。
  3. 蒸し器で蒸気が出てから10分間中火で蒸す。ふたを開け、タレを軽く洗い落としたかば焼きと菜の花を上に置き、再び10分間蒸す。

 

エネルギー 194kcal
脂質 12.9g
たんぱく質 15.7g
炭水化物 4.8g