すみつかすれ/料理研究家考案の新作レシピ

すみつかすれ/料理研究家考案の新作レシピ

すみつかすれ

~群馬の郷土料理”すみつかれ”を南西フランスの郷土家庭料理”カスレ”風にアレンジ~

 2月最初の午の日に食べる伝統食”すみつかれ”。鮭の頭を使い酒粕を入れ煮込む料理を、鶏肉と白ワインに変えることで食べやすい味付けにチェンジし、南西フランスの人気料理”カスレ”風にアレンジ。
 大和芋のすりおろしを足し、滋養もパワーアップ。
 煮込むだけでなくオーブンで焼くので見た目の華やかさも。熱々をつつけば「空っ風」にも負けません!

 

【材料(4人分)】

鶏もも肉 : 300g(食べやすい大きさに切り、分量外の白ワイン大さじ1をよくもみ込んでおく)
ベーコン : 50g(棒状に切る)
しいたけ : 2個(薄切り)
ほうれん草 : 25g(粗みじん切り)
大和芋 : 100g(すりおろす)
大根 : 500g(おろして軽く絞る)
にんじん : 1/2本(すりおろす)
玉ねぎ1/4個(みじん切り)
水煮大豆 : 100g
にんにく : 2片(みじん切り)
オリーブオイル : 大さじ1
水 : 1カップ
白ワイン : 1カップ
コンソメ顆粒 : 6g
ローリエ : 1枚
醤油 : 小さじ1/2
陳皮 : 小さじ1/2
パン粉 : 少々

 

 

すみつかすれ

【調理時間目安】  下準備20分 調理45分

  1.  鍋にオリーブオイルをひき、にんにく、玉ねぎを炒め、しんなりしたら鶏肉とベーコンを入れ炒める。
  2. 火が通ったらほうれん草としいたけを加えて油が廻ったら、大根、にんじん、大和芋のすりおろしを加えて混ぜ合わせ、白ワインと水、コンソメ、ローリエを入れて20分煮込む(最初は中火、煮立ったら弱火にする)。火を止める直前に醤油と陳皮を入れ、よく混ぜる。
  3.  (2.)にパン粉をふりかけ、200℃のオーブンで15分焼く。

    制作 : 料理研究家  青木 貴子