仲良し野菜を添えた赤城ポークのソテー/料理研究家考案の新作レシピ

仲良し野菜を添えた赤城ポークのソテー/料理研究家考案の新作レシピ

仲良し野菜を添えた赤城ポークのソテー

~夏に高原の木陰で食べる一品~

 野菜の組み合わせにこだわり、素材を生かしたシンプルな調理方法で、ソテーしたもち豚の特性を引き立たせました。

 

【材料(4人分)】

赤城ポーク(ロース) : 460g(4枚)
アスパラガス : 4本
長芋 : 100g(皮をむき12個に輪切り)
プチトマト : 4個(半分に切る)
ほうれん草 : 2房
きゅうり : 1/2本(すりおろし)
卵黄 : 1個分
マヨネーズ : 大さじ1
マスタード : 小さじ1
はちみつ : 小さじ1/2
塩 : 少々
ブラックペッパー : 少々
サラダ油 : 中さじ1
日本酒 : 中さじ1
ブロッコリースプラウト : 適量

 

 

【調理時間目安】  15分

ソテー▼

  1. 肉はあらかじめ筋切りし塩、ブラックペッパーで下味をつけておく。
  2. 熱したフライパンにサラダ油をひいて準備した(1.)を入れ焼く。両面に軽く焦げ目をつけ、日本酒を入れて蓋をし、肉に火を通す。
  3. (2.)の途中でアスパラガスを加えて一緒にソテーしておく。

野菜▼

  1. ほうれん草は軽くゆでる。
  2. 長芋3切れをひと組みにしてゆでたほうれん草で束ねる。

ソース▼

  1. マヨネーズに卵黄、マスタード、はちみつ、塩を加えよく混ぜる。

盛り付け

  1. 大きめのお皿にソテーした豚肉を置く。
  2. ソースを肉の周りに円を描くようにかけて、すりおろしたきゅうりを添える。
  3. ほうれん草で束ねた長芋と、トマトにブロッコリースプラウトをひとつまみ飾り、アスパラガスを盛る。

    制作 : 料理研究家  石川 郁菜