群馬焼き/料理研究家考案の新作レシピ

群馬焼き/料理研究家考案の新作レシピ

群馬焼き

~群馬B級グルメ~

 大阪のお好み焼き・神戸の明石焼き・東京のもんじゃ焼きに対抗すべく考案した、群馬バージョンのお好み焼きです。生地は、すりおろした大和芋がメインで、その他の具材もすべて群馬の食材です。大和芋の滑らかで、ねっとりとした口当たりと、こんにゃくのシコシコした食感のコラボレーションが、「群馬焼き」の魅力です。

 

【材料(4人分)】

大和芋 : 400g
キャベツ : 1/2個
長ねぎ : 1本
生芋・小玉こんにゃく : 1袋
生しいたけ : 4個
卵 : 2個
酒 : 各大さじ5
塩、こしょう : 少々
和豚もちぶた(バラ薄切り) : 200g
ごま油 : 適宜
青海苔 : 適宜
鰹節 : 適宜

《ソースとして》
しょうが、醤油、マヨネーズ : お好みで適宜

 

 

群馬焼き

【調理時間目安】  下準備15分、焼き時間10分

★ ホットプレートを220℃で予熱する。

  1. 大和芋は皮をむき、すりおろします。
  2. こんにゃく・生しいたけは1㎜厚さの薄切り、キャベツはせん切り、長ねぎはみじん切りにし、(1)に入れて混ぜ合わせます。
  3. (2)に卵、塩、こしょう、醤油、酒を入れよく混ぜて生地を作ります。
  4. 220℃に熱したホットプレートにごま油を少量ひき(3)の生地を入れ、その上に豚肉の薄切りをのせます。
  5. 下の面が焼けたらひっくり返し、反対側の面を焼きます。6.  両面がこんがり焼けたら鰹節、青海苔をふりかけ器に盛り、しょうが醤油で食します。 お好みでマヨネーズをかけてもOKです。

    制作 : 料理研究家  栗原 佑布子