マスのアクアパッツァ/上毛新聞社『元気+らいふ』掲載レシピ

マスのアクアパッツァ/上毛新聞社『元気+らいふ』掲載レシピ

マスのアクアパッツァ

上毛新聞社『元気+らいふ』に掲載されたレシピです。

 

【材料(1人分)】

マス : 100g
ニンニク : 1片
オリーブオイル : 小さじ1
塩・こしょう:少々
青シソ:0.1g

≪a≫
白ワイン:25cc
水:75cc
玉ネギ:25g
ジャガ芋:50g
ミニトマト:30g

≪b≫
枝豆:10g
レモン汁:5g
黒オリーブ:5g

 

【作り方】

  1. 切り身に塩少々ふり10分おき、キッチンペーパーで水気をとる。
  2. ジャガ芋は一口大に切って電子レンジで加熱。玉ネギも一口大に、大きいミニトマトは半分に、青シソは小さく切る。
  3. フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で香りが出たら中火でマスの皮から軽く焼く。aを加え5分煮たら、bを加えて1分程度煮て塩とこしょうで味を調える。火を止めて青シソをふりかける。   

 エネルギー(367kcal)/たんぱく質(24.3g)/脂質(15.5g)/炭水化物(24.7g)  

※  アクアパッツァは南イタリアの料理で、魚介類を白ワインやトマトなどの野菜で煮込んだスープです。焼くと脂質異常症に有効な油が流れてしまうので、スープごと召し上がってください。今回は爽やかな酸味のレモン汁を入れました。最後にバターを加えたり、パスタにしたりするのもお勧めです。  (群馬大医学部附属病院 栄養管理部副部長 斉賀桐子さんより)