群馬の鱒ギンヒカリのスモーク昭和村産レタス添え

群馬の鱒ギンヒカリのスモーク昭和村産レタス添え

群馬の鱒ギンヒカリのスモーク昭和村産レタス添え

平成20年10月17日に開催された「ぐんま地産地消フォーラム2008」の第2部「県産食材を楽しむ夕べ」で提供されたメニューのレシピをご紹介します。

 

【材料(10人分)】

ギンヒカリ : 1.5kg大のもの1尾
塩 : ギンヒカリの3%
砂糖 : ギンヒカリの1%
スモークウッド : 2本
レモン : 2個
飾り用香草 : お好みで
市販のフレンチドレッシング : 100cc

 

 

【作り方】

  1. ギンヒカリは三枚におろし、身の3%の塩・1%の砂糖をまぶして重しをし、一昼夜漬け込んでおく。その後、水分をよくふき取り冷蔵庫で乾燥させておく。
  2. スモークウッドに火を点け、煙をたきスモークボックスでギンヒカリを4時間薫製する。
  3. 冷蔵庫でよく冷やした後、薄くそぎ切りにする。
  4. (3.)のギンヒカリとスライスしたレモンを皿に盛り、千切りにしたレタスと香草で飾り、フレンチドレッシングを掛ける。

    【作り方のポイント】
    ・ ギンヒカリの下ごしらえをしっかりしよう!
    ・ 薫製中の温度が40℃以上にならないよう気を付けよう!