ブリ大根ステーキ~グラフぐんま27年11月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

ブリ大根ステーキ~グラフぐんま27年11月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

ブリ大根ステーキ

上毛新聞社「グラフぐんま(※)」内連載コーナー「ひめラボ旬食キッチン」に掲載されたレシピと共に、群馬が誇る農畜産物をご紹介します。
(※2020年4月号にて発行終了)

 

【材料(2人分)】

大根 1.5cmの輪切り4個
ブリ 2切れ
サラダ油 大さじ1
塩・こしょう 少々
パセリみじん切り 少々
黒ごま 少々

 

【作り方】

  1. 大根は皮をむき、表面に竹串で数ヶ所穴を開け、皿に並べラップをかけ、600Wのレンジで5~6分加熱する。
  2. ブリの切り身は、半分に切り、塩、コショウを振って10分ほど置く。
  3. フライパンにサラダ油を引き、大根とブリを皮目を下にして入れ、両面に焼き色を付ける。ブリに火が通ったら、大根とブリを取り出し、フライパンに残った油を拭き取る。
  4. フライパンに大根とブリを戻し、火にかけ、合わせ調味料を入れ強火で味をなじませる。
  5. 盛り付けは、大根の上にブリを乗せ、残ったソースをかけ、黒ゴマとパセリのみじん切りを振りかける。

    【POINT】
    ○大根は辛みが少ない中央部分を使用するのがおすすめ!

 

ダイコン

~大根~

 例年、6~12月に出荷される本県の大根。県北部では、片品村を中心に夏の冷涼な気候を生かした夏秋大根、県南部では秋冬大根が栽培される。また、赤城南麓地域で行われる伝統の「干し大根」は、冬の風物詩でもある。