やよいひめのクレープ~グラフぐんま31年2・3月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

やよいひめのクレープ~グラフぐんま31年2・3月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

上毛新聞社「グラフぐんま(※)」内連載コーナー「ひめラボ旬食キッチン」に掲載されたレシピと共に、群馬が誇る農畜産物をご紹介します。
(※2020年4月号にて発行終了)

 

【材料(4人分)】

≪クレープ生地≫
薄力粉 50g
きび砂糖 小さじ3
卵 1個
牛乳 60cc
バター 適量
バニラエッセンス 少々

≪イチゴピューレ≫
やよいひめ 100g
きび砂糖 大さじ1
レモン汁 適量

≪ホイップクリーム≫
生クリーム 100g
きび砂糖 大さじ1

≪飾り用≫
やよいひめ 10粒(中サイズ)
ミント 少々

 

【作り方】

  1. ≪クレープ生地≫ ボウルに薄力粉ときび砂糖を入れてざっくり混ぜる。溶き卵を加え、だまがなくなるまで混ぜる。牛乳を半量ずつ加えてよく混ぜたら、バニラエッセンスで香りをつけ、4等分にして冷蔵庫で10分冷やす。
  2. ≪イチゴピューレ≫ やよいひめ、きび砂糖、レモン汁をミキサーかフードプロセッサーに入れ、ピューレ状になるまで回す。回らない場合は水を少々加える。
  3. ≪イチゴホイップクリーム≫ 生クリームときび砂糖をボウルに入れ、(2)のイチゴピューレを好みの量加え、泡立ててイチゴホイップクリームを作る。残りのイチゴピューレは盛り付けに使う。
  4. 温めたフライパンにバターをひき、ペーパーなどでなじませたら(1)を流し入れ、おたまの裏で均一になるように広げる。
  5. 生地の端が乾いてきたら裏返し、10秒程度焼き、バットに取ったらラップをかけて粗熱を取る。
  6. 皿にクレープ生地を広げ、2、3ミリ程度の厚さにスライスしたやよいひめとイチゴホイップクリーム、ピューレを添えて包み、盛り付ける。

    【POINT】
    自由に盛り付けて旬のスイーツを楽しんでください!

 

群馬のいちご「やよいひめ」

~イチゴ~

 やよいひめは2005年に登録された群馬県の育成品種。大粒で実がしっかりしており、甘さの酸味のバランスが良くみずみずしい。通常3月になるとイチゴの品質は落ちてしまいますが、名前の通り、弥生(3月)を過ぎても品質を保てるのが特長です。