下仁田ネギの和風シチュー ~グラフぐんま令和2年1月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

下仁田ネギの和風シチュー ~グラフぐんま令和2年1月号から~/「ひめラボ旬食キッチン」掲載レシピ

下仁田ネギの和風シチュー

上毛新聞社「グラフぐんま(※)」内連載コーナー「ひめラボ旬食キッチン」に掲載されたレシピと共に、群馬が誇る農畜産物をご紹介します。
(※2020年4月号にて発行終了)

 

【材料:2人分(調理時間:約20分)】

下仁田ネギ 2本
鶏もも肉 80g
白菜 200g
ニンジン 40g
カブ 1個
ブロッコリー 50g
マイタケ 4分の1パック
厚揚げ 4分の1枚
牛乳 200cc
水 200cc
鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
みそ 大さじ1
酒・みりん 各小さじ2
塩 小さじ2分の1
バゲット 適量

 

【作り方】

  1. 鶏もも肉、白菜、カブ、厚揚げを食べやすい大きさに切る。下仁田ネギは太めの斜め切りにし、ニンジンは火が通りやすい厚さに切り、好みで型抜きをする。マイタケは食べやすい大きさに切り分けておく。
  2. ブロッコリーを小房に分けて下ゆでする。
  3. 鍋に水と鶏もも肉を入れて火にかけ、あくが出たらきれいに取り除く。鶏ガラスープの素、酒、みりん、塩を入れ、ニンジン、白菜、厚揚げを入れてふたをして煮る。
  4. (3)にカブ、下仁田ネギ、マイタケを加え、ふたをして火を通す。
  5. (2)と牛乳、みそを入れたら、沸騰させないように気をつけて仕上げる。

 

 

群馬の下仁田ネギ

~下仁田ネギ~

 「ねぎとこんにゃく下仁田名産」と上毛かるたに詠まれる下仁田ネギは、火を通すと甘みやうま味がグッと増し、トロトロの食感に。鍋物やすき焼きに入れれば主役級の存在感!
 昭和に入ると皇室への献上品にもなりました。全国的に知名度も高く贈答品としても人気です。