本文へスキップ

 栄養満点!最強のしょうが焼き丼

豚肉のミルフィーユカツ

【材 料】(1人分)
 ごはん・・・・・・・・・・・・・・180g
 豚ロース肉(薄切り)・・・100g
 小松菜・・・・・・・・・70g(1.5株)
 たまねぎ・・・・・・ 50g(1/4個)
 パプリカ・・・・・・・ 40g(1/4個)
 ごま油・・・・・・・・ 小さじ1(5g)
 小麦粉・・・・・・・・・ 大さじ1/2
 きざみのり・・・・・・・・・・・・1g
〔下味〕
 しょうが(すりおろし)・・・・10g
 しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ1
 砂糖・・・・・・・・・・・ 大さじ1/2
 酒・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1/2

① 豚肉に小麦粉をふるう。
② ボウルに「下味」の材料を混ぜ合わせる。
③ たまねぎ、パプリカは薄切りにする。
④ 小松菜は葉と軸の部分に分け、葉は2〜3等分に切ってボウルに入れて塩(分量外)をからめ、軸は長さ4cmに切る。
⑤ 鍋に湯を沸かし、小松菜の軸を入れる。煮たったら葉を塩ごと加えて20秒ゆでてザルに上げ、水気をきる。
⑥ フライパンにごま油を熱し、タマネギを入れてしんなりするまで中火で炒め、下準備した豚肉を加え、ほぐすように炒め合わせる。
⑦ 豚肉に焼き色が付いたら、パプリカ、小松菜を加えて炒め合わせる。
⑧ ②を加えて炒め合わせ、汁気が少なくなるまで炒める。
⑨ どんぶりにご飯を盛り、⑧を汁ごと乗せる。
⑩ きざみのりを散らす。

*汁に栄養成分が溶け出しているので、
  汁まで余すことなくいただきましょう!


【レシピのポイント】
〇この丼一食で、主な栄養素(三大栄養素、主要なビタミン、主要なミネラル)や食物繊維の一食あたりの所要量を、ほぼ満たすことができます。
〇厚生労働省が推奨する、野菜一日摂取目標量(350g)の52%を摂取できます。
〇疲労回復に効果があるとされているビタミンB1の他、疲労軽減や脳老化の予防に効果があるとされているイミダゾールジペプチドを多く含み、良質なたんぱく質を効率的に摂取できる、みなさんの元気を応援するレシピ です。


 
 
 

 リポート資料冊子版ダウンロード(PDF形式)

「ぐんまの豚肉」の冊子版リポート資料をご覧頂けます(サイズ:8289KB)





ナビゲーション

お問い合わせ

G-アナライズ&PRチーム

農政部ぐんまブランド推進課
群馬県前橋市大手町1-1-1
TEL.027-226-3129