6次産業化

6次産業化とは、農林漁業者が生産(第1次産業)だけでなく、加工(第2次産業)、流通・販売(第3次産業)にも主体的・総合的に関わり(1×2×3=6次産業化)、経営の多角化を進めることで、農林水産業の新たな付加価値を創出し、雇用確保や所得向上を目指す取組です。